昔あった「!!!!!」っていうへんなサイトの復刻版な、へんなBlogですよ。色々とアレですが、アレなので許して下さい。
昔のサイトからの無理矢理な移行ですから、デザイン崩れやリンク切れ等々の不具合には目をつぶって下さい。

[ ネタ ] [ レビュー ] [ うま ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 Beaujolaisには、もう迷わない。(2006/11/16)

一体どう呼べばよいのか



Beaujolais Nouveau。
毎年秋になると解禁される、フランス産のワイン。

年齢を重ねるごとに値段がつり上がってゆく感のあるワイン界において、常にその年生まれたての新酒であるこれは値段が比較的安く、庶民に親しみやすいワインとして広く浸透しています。

11月第三木曜日に設定されている解禁日には、マスコミにも大きく取り上げられ、カウントダウンイベントまで開催するところも。
市場では一種の祭り状態にまで興奮は高まります。
特にバブル期にこの盛り上がりは最高潮に達し、このままビールかけならぬ、ワインかけでも始まるんじゃないかってくらいに騒然となったものです。

しかし日本語表記にすると、その読み方は多彩を極めます。
WEB上での一例を挙げてみても、右のとおり。

メディアでの表記がこうも足並み揃っていないと、我々消費者としては一体どう呼べばよいのか混乱してしまいます。
混乱はいけません。いつ暴動に発展するかわかりません。

日本の治安にも関わるこの問題。放ってはおけません。
そこで今回は、複数の角度からこのワインにおける呼び名の実態を調査・統計し、ディファクトスタンダードを算出。
当サイトが推奨する呼び名を決定したいと思います。

これでもう、迷わなくても大丈夫。
日本の平和も維持され、安心して眠れる日々が保証されるってものですよ。

ちなみに今回は「Nouveau」部分は置いておき、「Beaujolais」部分のみに注目して調査する事とします。

・・・あ。
暴動云々につきましては、適当言いました。すいませんでした。


ボジョレ、ボージョレ、ボジョレー・・・




候補者入場


とりあえず、自分が考えるところの候補者を下に書き出してみました。

ボジョレ ボージョレ ボジョーレ ボジョレー ボージョレー ボジョーレー
ボージョーレー ヴォジョレ ヴォージョレ ヴォジョーレ ヴォジョレー ヴォージョレー
ヴォジョーレー ヴォージョーレー ボンジョレ ボンジョーレ ボンジョレー ボンジョーレー
ヴォンジョレ ヴォンジョーレ ヴォンジョレー ヴォンジョーレー ボジョレイ ボージョレイ
ボジョーレイ ボージョーレイ ヴォジョレイ ヴォージョレイ ヴォジョーレイ ヴォージョーレイ
ボンジョレイ ボンジョーレイ ヴォンジョレイ ヴォンジョーレイ


少し引いて客観的に見ると、これは一体何の呪文だろうかと訝しく思ってしまいます。
まるでロジックパズル、はたまた数学でもやっているかのような作業の末、34通りの呼び名を挙げてみました。
なんだか見れば見るほどわからなくなってきます。
可能性があるのはこれくらいだろうと割り切り、この中から選出しようと思います。

・・と、調査を開始する前に。
そもそもこの日本語表記について、きっちりこれがスタンダードだというものが既に定義されているのだとしたら、苦労が水泡に帰してしまいます。
念のため、下調べをしてみます。

Wikipediaによると

 ・新聞などでは「ボージョレ」を採用しているところが多い
 ・雑誌、店頭などでは流動的
 ・「ヴォ」という表記は間違いである
 ・現地での発音は「ボジョレ」が一番近い


とのことで、明確に定義されている訳ではないようです。
よかった。企画倒れにならずに済んだ。これで安心して調査をはじめる事ができます。



その1 WEB検索編


まずはそれぞれの呼び方をWEBで検索し、何件ヒットするかを比較してみることにします。
検索エンジンは、完全一致検索が可能なYahoo!JAPANを利用します。
調査結果は以下の通り。




1位はボジョレー。全体の64%にものぼる、約2,450,000件のヒットがありました。
以下ボージョレ 約844,000件(22%)、ボジョレ 約416,000件(11%)、ボージョレー 約119,000件(3%)と続きます。
ボジョレー強し。桁が違う。

これより下になると、更に桁が3つ違う、全く別次元で相手にならないという結果となりました。
参考までに、全ランキングを記載しておきますね。


[Beaujolaisランキング(Yahoo!JAPAN 2006/11/16調べ)]
順位
呼び名
Hit件数
(約…件)
1位 ボジョレー 2,450,000
2位 ボージョレ 844,000
3位 ボジョレ 416,000
4位 ボージョレー 119,000
5位 ヴォジョレー 792
6位 ボージョレイ 767
7位 ボジョーレ 535
8位 ヴォージョレ 470
9位 ヴォジョレ 390
10位 ボジョーレー 342
11位 ボンジョレ 286
12位 ボージョーレー 277
順位
呼び名
Hit件数
(約…件)
13位 ボジョレイ 253
14位 ボンジョレー 245
15位 ヴォージョレー 230
16位 ボンジョーレ 174
17位 ヴォジョレイ 156
18位 ヴォージョーレー 149
19位 ヴォジョーレ 148
20位 ヴォジョーレー 147
21位 ヴォージョーレイ (※)145
22位 ヴォージョレイ 143
23位 ボンジョレイ 141
23位 ボンジョーレイ (※)141
順位
呼び名
Hit件数
(約…件)
23位 ヴォンジョレイ (※)141
26位 ボージョーレイ (※)138
27位 ヴォンジョレ 135
28位 ボジョーレイ 133
29位 ボンジョーレー (※)131
29位 ヴォンジョーレ (※)131
31位 ヴォンジョレー (※)128
31位 ヴォンジョーレー (※)128
31位 ヴォジョーレイ (※)128
31位 ヴォンジョーレイ (※)128


尚、Hit件数の数字前に(※)がついてるものに関しては、検索結果で出てきたページが、うちのサイトだけでした。(2006/11/16時点)
つまりこれらは、WEB上では誰も使ってない呼び名である、ということですね。
論外ですね。
(参考:21位「ヴォージョーレイ」検索結果

あと、4位の「ボージョレー」を検索したところ、ボージョボーではありませんか?」とか聞かれました。
絶対違う。ヤフーさんは、気を回しすぎだ。



こちらがボージョボー


ありませんよ!




その2 聞きこみ編


自分の周囲にいる人の意見もきいてみよう。
あまり親しくない人に突然こんな事を聞いたら、今以上に関係がぎくしゃくする事うけあいなので、安全圏を選別して調査することとします。
かなりターゲットが限定されてきそうですが。
結果はこちら。




しまった。
俺には普段の生活の中で、親しい人が全くいないんだった。
おかげでサンプル数がたったの10とかなり不足しており、データの信憑性に欠けると判断されても仕方がない。

ちなみに順位は以下の通り。
上の円グラフがあれば必要ない気もしますが、一応記載しておきます。


[Beaujolaisランキング(聞き込み調査 2006/11/8~15調べ)]
順位
呼び名
得票数
1位 ボジョレ 5
2位 ボジョレー 3
3位 ヴォジョレ 1
3位 ヴォジョレー 1


ボジョレが半数票を獲得して一位。ちなみにこれは、Yahoo!検索Hit数では三位でした。
次いで二位が、Yahoo!検索Hit数で一位だったボジョレー。やはり上位に食い込んできました。
・・・上位っていうか、全体で三位までしかないんですけどね。



自信満々だったけど、少数派でしたね




その3 WEBアンケート編


ならばアンケートだ、ということで、うちのサイトでWEBアンケートを実施いたしました。
なんと、のべ1186件もの投票数をいただき、データに信憑性をもたせることができました。
ほんと皆様、ご協力ありがとうございました。やはり持つべきものはお客様ですね。

結果はこちら。




ボジョレー強し。2位のボジョレにトリプルスコアにも届こうかという差を付けて、断トツの1位。
唯一トップ5入りを果たした「ヴォ」系、3位のヴォジョレーも、いわばボジョレーからの派生ですからね。

グラフの見やすさの為、トップ5以下は全てその他としてしまってますが、下に全順位を記載しておきます。


[Beaujolaisランキング(WEBアンケート 2006/11/11~17調べ)]
順位
呼び名
得票数
1位 ボジョレー 324
2位 ボジョレ 122
3位 ヴォジョレー 65
4位 ボージョレ 57
5位 ボージョレー 45
6位 ヴォンジョーレイ 33
7位 ヴォジョレ 31
8位 ボンジョレ 30
9位 ヴォンジョレイ 20
10位 ボジョレイ 19
11位 ヴォージョレ 13
11位 ヴォージョレー 13
順位
呼び名
得票数
13位 ボジョーレ 12
13位 ボンジョレイ 12
15位 ヴォージョーレー 10
16位 ボンジョーレ 9
17位 ヴォジョレイ 8
17位 ヴォージョーレイ 8
19位 ボジョーレー 6
19位 ボージョーレー 6
19位 ボンジョレー 6
19位 ボンジョーレイ 6
23位 ヴォンジョレ 5
23位 ボージョレイ 5
順位
呼び名
得票数
25位 ヴォジョーレ 4
25位 ヴォージョレイ 4
27位 ヴォジョーレー 3
27位 ヴォンジョーレ 3
27位 ヴォンジョレー 3
27位 ヴォンジョーレー 3
27位 ボジョーレイ 3
31位 ボンジョーレー 2
31位 ボージョーレイ 2
31位 ヴォジョーレイ 2
space space space
その他 292


ちなみに「その他」項目に投票された方のコメントを見ると、「地獄先生」「森永」「田代」などと呼んでる方もいらっしゃるとのことです。
人それぞれとは思いますが、興味深いですね。非常に。



その4 市場調査編


レストランやバーなどの飲食店、そしてスーパー、コンビニなどの小売店でも、この時期になるとBeaujolaisの文字がおどります。
実際街を歩いて調べてきましたよ。

職場近辺、自宅近辺に加え、どこかもう一つ調査の場を増やしたいと思いました。
ワインというと、セレブでオシャレな大人の印象があります。
セレブでオシャレで大人な街・・・。




タクシーばっか


銀座にまで足をのばしてきました。
戸越とか目黒とかがついてない銀座。夜に来るのは初めてなので、若干興奮気味で歩を進めます。
すげえ!クリップ型のiPod shuffle軽い!ちっちぇー!ほしい!(目的を見失ってます)




超クールな洋酒専門店も沢山あるよ



仕事帰り、3つの街でひたすら追ったBeaujolais。
その全てと、調査の結果は以下の通りですよ。








































































TOTAL:70件




思ったよりもそのバリエーションは豊富でなく、4種類の呼び名のいずれかしかありませんでした。
ここでもやはり、ボジョレーが他を寄せ付けない、圧倒的勝利をおさめました。

銀座においては、他の土地とくらべてやや「ボージョレ」表記が多かった気がします。
街ごとに傾向を調べる、というのも面白そうですね。
大変だからやりませんけど。

全順位を記載しておきます。


[Beaujolaisランキング(市場調査 2006/11/16(川越・板橋・練馬) &17(銀座)調べ)]
順位
呼び名
得票数
1位 ボジョレー 35
2位 ボージョレ 21
3位 ボジョレ 10
4位 ボージョレー 4


こうして見ると、WEBアンケートなどで票を稼いでいた「ヴォ」系が全く無かったことに驚きです。
「ヴォ」という表記は間違いである、というWikipediaの情報は、街には浸透しているようですね。




また、調査中、幾度となくこんな状況を目にしました。




そう。
ひとつのまとまった売り場の中で、二つの呼び名が入り交じっているのです。
消費者に混乱をもたらす売り場。これはいけません。ここは呼び名を統一した方が良いのではないでしょうか。



隣同士でもちがう



そしてこちらは、更にとんでもないカオス状態になっていました。



この中でも特に左上のポップに注目いたしますと、もはや何も言えなくなってしまいます。



狙ってやっているんでしょうか。
同じポップの中に二種類の呼び名、しかも上下すぐの場所にとか、ありえない状態になっています。
節操がない事が日本人の特性であったとしても、これは行き過ぎではないかと存じますよ。

各売り場担当方面の方々におかれましては、来年度以降改善のご検討を、よろしくお願いしたい次第でございます。



ちょっと脱線して


ランキングとは関係なくなりますが、ちょっと試してみたいことができました。
独特のBeaujolaisは、果たしてどこまで通じるのか、ということ。

サイトのお客様にご協力頂いたWEBアンケートの中で、独特と思われる個性的な呼び名がいくつか挙がりました。
その中から

 ◆ジョジョレー・ヌーヴォー
 ◆ボンジョヴィ・ヌーヴォー
 ◆ボンゴレ・ヌーヴォー
 ◆ヴァンダレイ・ヌーヴォー


この4つを選び、それぞれ販売店の店員さんに聞いてみました。
「●●ヌーヴォー、ありますか?」って。


結論から言うと

ジョジョレー
ボンジョヴィ ×
ボンゴレ ×
ヴァンダレイ ×
・・・このような結果に終わりました。

特にヴァンダレイ・ヌーヴォーに関しては、おばちゃんに思いっきり「…ハァ?」とか言われた。
怖かった。その丸太のような腕で殴られるかと思った。速攻で謝りましたよ。

ジョジョレーは、俺の滑舌が悪かった事が幸いしたのか、すぐに通じました。

ボンジョヴィとボンゴレに関しては、どちらも以下のようなやりとりの末、結局通じず。
Beaujolaisの限界は、このあたりにあるようです。

①   
「すいません、ボンジョヴィ・ヌーヴォーありますか?」
②   
 「え、…ボジョレー・ヌーヴォーですか?」
 「ええ、ボンジョヴィ・ヌーヴォー」
③   
 「ボジョレー…じゃないんですか?」
 「ボンジョヴィ・ヌーヴォーを」
④   
 「…すいません、うちには…ないですね」
 「ああ、そうですか。ありがとうございました」


どうぞ今後のご参考になさって下さい。
それにしても、ヴァンダレイ・ヌーヴォーはありえないと思う。



当サイトが推奨する呼び名は


さあ、4つの方面から調査して参りました、Beaujolaisの呼び名。
これら結果を総合し、ディファクトスタンダードを探し出します。
すなわちそれが、当サイトとしての推奨呼び名となる訳です。

算出方法ですが、それぞれの結果において、それぞれの全体数に対する獲得票数の割合を、その呼び名のポイントとして合算し、より高いポイントを獲得したものを選びます。

集計結果は、下記のとおり。





はい。という訳で。
「ボジョレー」が、WEB検索・WEBアンケート・市場調査共に1位の三冠王で、見事勝利を勝ち取る結果となりました。

聞きこみに関しても2位と、あわや完全制覇か、という惜しいところまで行きましたが、きっと俺の周囲にいる人達が特殊なんでしょう。
一般的には「ボジョレー」が1位になる、ということが、統計的にもこうして示されている訳ですから。


以上の結果から、当サイトとしては、

「Beaujolais=ボジョレーである」

という見解をここに示し、推奨することといたします。

飲み屋やキャバクラなどでの話のタネに。
おフランス留学に。
忘年会での余興に。
晩餐会などに必要な社交的知識としても。

ご参考になさって下さいね。自己責任で。




こんなにもワインを追ったのは初めてです


調査結果により、当サイトとしての、Beaujolais呼び方の見解は「ボジョレー」である、という結論が出た訳ですが、結局は自分が呼びたいように呼べばいいと思います。
ヴァンダレイだろうと。地獄先生だろうと。たとえ他人に通じなくても。

ぶっちゃけ俺も、今まで「ボジョレ」って呼んでたので、これからもそう呼び続けることでしょう。
サイトとしての見解と、自分のスタイルとは別問題ですからね。

今回の調査で、色んなところをはいずり回った訳ですが、こんなにもこのワインに接しているとそれなりに味などが気になってきまして、ハーフサイズの、安めのやつを購入してみました。
何よりこのまま買わないでいたら、若干の罪悪感も否めませんし。

ジュースみたいなワインだよ、っていう評判を聞きます。
ぐびーっと呑んでみました。50mlくらい。

・・・。
アルコールが入ってない方が、おいしいんじゃないかな、っていうのが、正直な感想。
酒、呑めないんですよね俺。
で、すごく気持ち悪くなりながら、今この記事を書いている訳ですが。
もうすぐ全身筋肉痛が襲ってくるんだろうなあ。
いつものことです。

ほんと毎年、なんでこれで騒いでるのか、全く理解ができません。




ファンタとかのがうまいよ!





2006.11.16 17:26 | ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。