昔あった「!!!!!」っていうへんなサイトの復刻版な、へんなBlogですよ。色々とアレですが、アレなので許して下さい。
昔のサイトからの無理矢理な移行ですから、デザイン崩れやリンク切れ等々の不具合には目をつぶって下さい。

[ ネタ ] [ レビュー ] [ うま ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


夏と言えばホラーですよね!


根拠はわかりませんけど。




きっとみんな「怖いものを観て涼しくなろう!」っていう目的でホラーとか観るんでしょう

けど、いつうちのケンシロウ(猫)に攻撃されて流血するかビクビクしている俺にとって

ホラーで得られる程度のうすら寒さは必要ないと思われます。

(あと芸人のマイケルを思い出すだけで寒くなれる、という特技も持っています)




まあなんだかんだ言っても、たまには世間に流されてみるのもいいかなあと思いまして、

レンタルビデオでDVD借りて洋モノホラー映画鑑賞となったわけです。





普段洋画は全く観ないタチなもんで、初心者丸出しで選んでおりましたところ、

先日「撮影監督が死亡した」っていうニュースを見たのを思い出しまして。


タイムリーかな、とか思って借りてきましたよ、ブレアウィッチ・プロジェクト





邦画以外のホラー映画なんてグレムリン2以来です。

自分でレンタルなんて、霊幻導士以来ですよ。





DVDをセットし、これからいよいよめくるめく恐怖の世界が展開されるのです。


はじまります・・・・・
















・・ん?


























・・・・・・・・・・・・・・。














ま、間違えたー!!












なんと俺は、ブレアウィッチ・プロジェクトのパロディー

「親指ブレアサム」

なる作品を間違えて借りてきてしまったようです!




おっかしいなあ、確かに「ブレアウィッチ・プロジェクト」だと思って借りたのに…

これって呪いかなんかっすかね!(責任転嫁)



ともかく不可解ですが、ネタになりそうなのでせっかくだから観てみました。














タイトルがフェードアウトすると、まず生身のおっさんが姿を現します。

監督さんなんでしょうか。最初の挨拶みたいなのを述べると、やがて奇妙なモノが

画面右端から登場します。







きもい。











この作品は、キャラクターがみんなこんなんだそうです。

人間の親指に服を着せて演技させ、後で眉毛と目と口の部分を合成してる。



こんなUMAオンリー四面楚歌な状態で物語は進行していくようです。



すげーキモいよ。







このUMAは終始踊っているんですが、次第におっさんもノッてきます。





おっさんノリノリ。








既にこの辺りでもういやんなってきたんですけど、がんばって観続けます。

















物語は、なんか女が撮影担当の男と力持ち系の男を連れてブレアウィッチについての

ドキュメント番組を作ろうとする所から始まります。







左から、女、撮影男、力男。



それぞれ、森久美子、我修院達也、チャックウイルソンと呼ぶ事にします。





何度も言いますが、超キモイです。











まずは町に出て聞き込みという事で、色んな人にインタビューをします。






ブレアウィッチ?さあ、知らないわ。そんなことよりこの子、かぁわいいでしょぉう?


キモイよ。






俺は七つの海を股にかける海賊だ!コンブの事しか知らないぜ!


失せろ。






ウェェェェーーーーーーーホォォォーーーーィイイ!!


死ね。






よほど高度なアメリカンジョークなんでしょうか、全く意味がわかりません。









この後いよいよ森に足を踏み入れるんですが、この辺り、俺はケンシロウ(うちの猫)と

遊んでたのでストーリーがわかりません。






さて、ケンシロウが遊び疲れた頃、一行は森で一夜を過ごす事になったようです。


なんかサメだ!サメに喰われる!!とか言ってますよ。大丈夫ですか。


なんか変なクスリでもやりはじめたんじゃあないかと思い、その場面をもう一度

見返そうと思いましたが、めんどいのでやめました。


ともかくえらい騒ぎになってます。







異様な気配に気づくチャック。

怯える森久美子。



絶叫するチャック。

泣き出す我修院達也。


冷静になれと促す森久美子。










なんだかんだ言っても、結局無事に夜が明け、再び森の中を探索します。




後ろから見ると、指の関節部分が見えて更にきもい。



チャックの背中に透明なネバネバした物質が付着しているのを発見して、

ぎゃー!とか言って走り出して自分で木に突っ込んで気絶とかしてましたが

もうウンザリです。








そしてまた夜になり(いきなり暗くなった?)、向こうの方でチャックの叫び声がします。


森久美子は半泣きでチャックを捜します。







こわいよ、モリクミ。





森久美子はチャックを発見しました。


しかしその姿は変わり果てていて・・・・・







下半身だけー








悲しみと恐怖に震える森久美子。


しかし容赦無しにまた夜がやってきます。






今の恐怖をせつせつと語る森久美子。




あーこの場面は観たことある!演じている人がちょっと違うけど!











やがて森久美子と我修院達也は、怪しい廃墟に入っていきます。


僅かな明かりを頼りに散策すると、ついに!






なんかと遭遇!












フ、フランケンー!




今までのサメ騒動も!


チャックを殺ったのも!こいつの仕業なのだろうか!?



フランケンが森久美子と我修院達也を手にかけようとしたその時!




我修院達也が叫ぶ!







なあ、俺たち殺す前にパーティーしようぜ!














(?_?)


















何故か場面は一変し、頭上からミラーボールが出現。

陽気な音楽に合わせて踊り狂う三人。







我修院 :ヤホホーイ!

モリクミ :イエー!ヒュヒュー!

我修院 :殺す時は手早くねー!










(?_?)















背後からチャックの亡霊(?)が!


我修院 :ギャー!

モリクミ :チャーック!!

















突如エンドロール
























(-_-#

















レンタルだから良かったものの、万が一俺がこれを買っていたとしたら、


間違いなく叩き割ってるところです。






正味30分。


実は当日、これとババアゾーンを観た自分としては、本当に悔やんでも悔やみきれない

休日でした。


それこそ本当に、ドラクエのレベル上げとかファミコンロッキー読み返しとかしてた方が

マシでしたよ!




みなさんも、ビデオ借りる時には気を付けて下さいね!














ちなみにこの親指シリーズ、

「親指タイタニック」「親指スターウォーズ」「親指バットマン」


というのもあるそうです(ていうかあります)。





俺は観ませんけど。これだから洋画はイヤなんだ。
2004.08.22 21:56 | ネタ | トラックバック(0) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。